料理のライフハック

節約・ダイエット・健康に!知って得するきのこの魅力

スーパーで気軽に買える身近な「きのこ」
しいたけ、えのき、しめじ、エリンギなど、種類もたくさんありますよね。

どれもとても美味しいですが、きのこの魅力は味ではありません!

きのこの魅力

  • 家計に優しい!節約上手の立て役者
  • どんな料理にも合う!使いやすさ
  • うまみたっぷり!料理がレベルアップ
  • 体に優しい!きのこで健康生活


それでは詳しく解説していきましょう!

安い!節約の味方

とにかく、お財布にやさしいお値段!
1年中安定した値段なのが嬉しいポイント。
野菜の値段が高騰している時期は、きのこを多めに活用するといいですよ♪

1パック100円以下で買えることが多いですよね。我が家は安売りのときに多めに買って、ストックしています。

きのこの冷凍テクニックはこちら

使いやすい!汎用性がある

和洋折衷、なんでもござれ。
主菜、副菜、汁物、なんでもござれ。

何にでも使えて、冷蔵庫にあっても困らない安心感が抜群です!

うまみ成分たっぷりで料理が美味しくなる

3大うまみ成分のうちのひとつ「グアニル酸」は、しいたけにたっぷり含まれています。

また、えのきなどは「グルタミン酸」も含まれています。かつおなどに含まれる「イノシン酸」と合わせることによって、相乗効果が起き、より美味しく感じることができます。

お味噌汁やスープを作る時にきのこを入れると、味に深みがでて美味しく感じることができます。
それはきのこに旨味成分がたっぷり含まれているからなんです!

具がかさ増しされて満足感アップ、そして、美味しさもアップなんて嬉しいですね☆

低カロリー

きのこは9割が水分でできているので低カロリー。

しっかりした食べごたえで満足感アップ
料理のかさ増しをしてカロリーが抑えられる
ヘルシーな食材です。

ダイエットしたい方には最適です!

食物繊維が豊富

便秘に悩む方には特に嬉しい、「食物繊維」が豊富に含まれています。
なおかつ、食物繊維は食後の血糖値を抑えてくれるので、ダイエットにぴったりなんです

さらに嬉しい♪

しいたけやえのきには「β-グルカン」という食物繊維が多く含まれます。
β-グルカンは免疫力を上げる効果が期待できます。

ビタミン・ミネラルが豊富

ビタミンD

カルシウムの吸収を促進するのに必要です。日光を浴びることで、体内で合成されます。

ビタミンDは、油と一緒に調理することで、効率よく摂取することができます。

ビタミンB1

疲労回復や、糖質をエネルギーに変えるはたらきがあります。

ビタミンB2

皮膚や粘膜を健康に保ち、脂質をエネルギーに変えるはたらきがあります。

葉酸

胎児の発育に必要な栄養素です。妊娠初期は積極的に葉酸を摂取することが推奨されています。

貧血予防にもなるので、女性に嬉しい栄養です。

カリウム

  • ナトリウムの排出を促して、血圧を下げる。
  • むくみを解消する。

夏場は特にカリウム不足になりやすいので、積極的に摂取しておきたいですね。

​​参考サイト:ホクト

食べ過ぎたらどうなる?

いくら美味しくて安くて健康になるといっても、食べ過ぎは要注意!
消化しにくい食材なので、食べ過ぎは消化不良の原因になります。
もちろん、離乳食には向きません。

離乳食にはきのこから出たお出汁で充分です!

「何事も、過ぎたるは及ばざるが如し」
ほどよく普段のお料理に取り入れるといいですね♪

まとめ

嬉しいメリットたくさん!

きのこの魅力

  • 家計に優しい!節約上手の立て役者
  • どんな料理にも合う!使いやすさ
  • うまみたっぷり!料理がレベルアップ
  • 体に優しい!きのこで健康生活

きのこの魅力が分かっていただけましたでしょうか?♪

ぜひみなさんも、毎日の料理にきのこを取り入れて見てくださいね♪
最後までお読みいただきありがとうございました!

しいたけはおうちで作れるよ〜!

  • この記事を書いた人

まやちゃん

おうち時間をもっと楽しくしたい!おうちカフェレシピ、時短、節約、育児のアイディアを発信します。32歳主婦。家族は、同い年の夫、やんちゃざかりの9歳、7歳、2歳の男の子。簡単で美味しい、そして健康な料理を作るのが好き。省エネ育児を心がけています。

-料理のライフハック
-