料理のライフハック

ポン酢だけ!ポリポリ食べられる大根の皮簡単お漬物レシピ

大根の皮、捨ててませんか?
ちょっと待ったー!

大根の栄養は、皮のほうにたっぷり含まれているんです!
ですので、捨てるのはとってももったいない!

今回は大根の皮を簡単に有効利用できる「大根の皮ポン酢漬け」レシピを紹介します♪

「あと1品」というときに大活躍のレシピです!

1分で準備完了!「大根の皮ポン酢漬け」レシピ

おすすめポイント

  • メイン料理と並行して作れる
  • 簡単2ステップ
  • 辛味が感じにくい
  • 保存が効く(冷蔵庫保存で一週間程度)


厚めに切った皮を1センチくらいの短冊状に切る

お料理によっては、口当たりを良くするために厚めに皮をむきますよね。そんなときほどチャンス!!
大根の皮ポン酢漬けは、厚いほど歯ごたえが良くなって美味しく出来上がります。

ポン酢をかける

保存容器に大根の皮を入れ、半分ほど浸かるくらいのポン酢を入れます。

大根は多くの水分を含みます。その水分が外に出るので、一晩漬けると全体が浸かっているくらいになりますよ。

一晩たったものがこちら。

まや

しっかり水分が出て味がしみていますね♪

定番ポン酢はこちら

酸味がマイルドなのはこちら

ゆず味が好きな人はこちら

こんな料理に合います

  • 揚げ物、肉料理
  • お茶漬け
  • 丼もの

などなど…

消化酵素ジアスターゼが含まれているので、油が多い食べ物との相性がとても良いのです。

そして、お酢の口の中がさっぱりするので、食卓に欠かせない一品になること間違いなし。

大根の主な栄養

ビタミンC

風邪予防、美容に欠かせない栄養素。体内で合成できないので、積極的に摂取しておきたいですね。

イソチオシアネート

辛味成分。抗菌作用、抗がん作用が期待できると注目されています。

ジアスターゼ

消化酵素。消化を助けて胃腸の負担を軽減します。

まや

脂ののった魚やお肉に添えるのは、ちゃんと意味があるんです。

非加熱で食べるのがおすすめ!

  • ビタミンC
  • イソチオシアネート
  • ジアスターゼ

以上の栄養は、熱に弱いのがネック。
できれば生で食べるほうが効率よく栄養を摂取できます!

皮をつけたまま、大根おろしにすればいいですか?

もちろんいいですよ!

まや

ただし、辛いのが苦手な方は注意です!
細かくすりおろすほど、辛味成分のイソチオシアネートの働きが促され、辛味をより感じやすくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、「大根の皮ポン酢漬け」
辛味を感じにくく、子どもでも食べやすいんです!

最後に

我が家では「コンコン」と呼ばれるこの料理。食卓にはかかせません!
今までなんとなく捨てていたもので、立派な1品になるのは嬉しいですね♪

ぜひみなさんも試してみて下さい♪

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

まやちゃん

おうち時間をもっと楽しくしたい!おうちカフェレシピ、時短、節約、育児のアイディアを発信します。32歳主婦。家族は、同い年の夫、やんちゃざかりの9歳、7歳、2歳の男の子。簡単で美味しい、そして健康な料理を作るのが好き。省エネ育児を心がけています。

-料理のライフハック
-