料理のライフハック

料理をもっと美味しくできる!ゼラチンの意外な効果&活用方法

男子3人を育てる主婦、まやです。

みなさんのキッチンに、使いかけのゼラチンはありますか?

賞味期限が切れる前に、いつもの料理に活用してみてください!

ゼリーを作るだけじゃもったいない。ゼラチンは意外と汎用性が高いのです!

ゼラチンは動物性タンパク質のコラーゲンから抽出されたもの。ですので、お肌をつやつやに保ってくれる働きがあります

余ってるなら使わないと損!

「ゼラチンを入れると、料理がどんなふうに美味しくなるのか?」

早速、紹介していきましょう!

いつもの料理がレベルアップ!ゼラチンの効果

使い方はシンプル。【いつもの材料にゼラチンを入れるだけ】

全く違う仕上がりになりますよ♫

量の目安は1人前に小さじ1杯。今日から試してみてねー!

ひき肉料理をジューシーに【ハンバーグ、つみれなど】

ひき肉と一緒にゼラチンを入れると、肉汁をぎゅっ閉じ込めてくれます。

「ハンバーグがどうしてもパサパサになっちゃう」とお悩みのあなた!ぜひ試してみてね♫
いつもの材料にゼラチンを入れるだけで、とてもジューシーに仕上がります。

下味の旨みを閉じ込める【からあげ、フライなど】

お肉や魚の下味をつけるときに、ゼラチンも入れちゃいましょう!

旨味がぎゅぎゅっと閉じ込められているので、食べたときにじゅわ〜っと美味しさが広がります♫

素材の味を活かすことができるので、薄味でも満足感のある味になります。

お肉を柔らかくする【とんかつ、角煮など】

とんかつの衣をつける前に、ゼラチンをまぶしてみてください!
油で揚げてもパサつかず、柔らかい食感を保てますよ

小さいお子さんも食べやすくなるのが嬉しいポイント♫

チャーハンがパラパラに仕上がる

「チャーハンがベチャベチャになっちゃう」とお悩みのあなた!

ごはんにゼラチンをふりかけて炒めてみて!お店で食べるようなパラパラ感になりますよ♫

これだけでもお料理上手になった気分!

炒めてもシャキシャキを保てる

野菜炒めって「水分が出ないように強火で手早く炒める!」が基本。でも、結局もたもたしてイマイチな仕上がりになるんだよな。

それなら、炒めるときにささっとゼラチンを振りかけてみてください!

火が通っても、野菜のみずみずしい食感を保ってくれますよ〜!

スープのコクアップ

スープや煮物料理に入れるとコクがアップします♫

ただし、入れすぎるとゼラチン特有の臭みが気になる場合があります。

一人前に小さじ1杯程度がちょうど良かったです。

ゼラチンの種類は3タイプ

  • 顆粒ゼラチン
  • 粉ゼラチン
  • 板ゼラチン

料理に活用するなら、顆粒ゼラチン粉ゼラチンが使いやすくておすすめです。

私はいつもクックゼラチンを愛用しています。顆粒タイプで多用途に使いやすい♫

まとめ

  • ひき肉料理をジューシーに【ハンバーグ、つみれなど】
  • 下味の旨みを閉じ込める【からあげ、フライなど】
  • お肉を柔らかくする【とんかつ、角煮など】
  • チャーハン(オムライス)がパラパラに仕上がる
  • 炒めてもシャキシャキを保てる
  • スープのコクアップ

上手に料理に活用することで、いつもの料理がレベルアップ!そしてお肌に嬉しい効果♡

ぜひ試してくださいね♫

あわせて読みたい
ゼリーが固まらない!やりがちな失敗の原因は?(ゼラチン編)

いくつか原因があるよ! 「ゼラチン」を使ったゼリー作りで、やりがちな失敗の原因を紹介!これに気をつければ、ゼリー作りに成功すること間違いなし♡ 目次1 冷やす時間が短い2 ゼラチンが少ない3 きちんと ...

続きを見る

あわせて読みたい
【材料4つ】赤紫蘇シロップの作り方&アレンジレシピ

赤紫蘇を手軽にいただけるレシピといえば、「赤紫蘇シロップ」がおすすめ。赤紫蘇シロップを炭酸で割れば、爽やかな「赤紫蘇ジュース」が出来上がり! お風呂あがりの一杯が最高〜!!爽やかな香りと酸味がクセにな ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

まやちゃん

おうち時間をもっと楽しくしたい!おうちカフェレシピ、時短、節約、育児のアイディアを発信します。32歳主婦。家族は、同い年の夫、やんちゃざかりの9歳、7歳、2歳の男の子。簡単で美味しい、そして健康な料理を作るのが好き。省エネ育児を心がけています。

-料理のライフハック