料理のライフハック

ゼリーが固まらない!やりがちな失敗の原因は?(ゼラチン編)

ゼラチンでフルーツゼリーを作ろうと思ったら、全然固まらない!!どうして??

いくつか原因があるよ!

「ゼラチン」を使ったゼリー作りで、やりがちな失敗の原因を紹介!
これに気をつければ、ゼリー作りに成功すること間違いなし♡

冷やす時間が短い

出来上がりが気になって、すぐに様子を見ようとしていませんか?
ゼリーが完全に冷え切っていないことが原因かもしれません。

ポイント

  • 最低2時間以上冷蔵庫で冷やしましょう。(大きさにもよる)
  • 半日以上冷蔵庫に入れても変わらない場合は、他に原因があるかも。

ゼラチンが少ない

材料に対して、ゼラチンの分量は合っていますか?

ポイント

  • ゼラチン5gに対して水分量250ml~300mlが一般的。
  • これより水分量が多ければ、十分に固まりにくい可能性があります。

あえてゼラチンを少なくして、やわらかゼリーを作っても良いね!とろとろで美味しい〜

きちんと溶けていない(ふやかし不足)

ゼラチンはしっかり溶けていますか?
粉ゼラチン、板ゼラチンの場合は、事前にふやかしましたか?

ポイント

種類ふやかす方法
板ゼラチン水に20分以上つける
粉ゼラチン水に振りかけるようにいれる
顆粒ゼラチンそのまま使える

私は、ふやかす手間がない顆粒ゼラチンを使うことが多いですね。

沸騰させた

ゼラチンを入れた状態で、沸騰させていませんか?

ゼラチンは、高温になるとタンパク質が変化して固まりにくくなります。

ポイント

ゼラチンを入れるタイミングは、材料を加熱後、粗熱を取ってから(50℃〜60℃くらいがベスト)

ちょうどよい温度でゼラチンを入れることが成功の秘訣!!

生のフルーツが入っている

フルーツを生のまま入れていませんか?

フルーツに含まれる成分が、ゼラチンの働きを弱めます。

ポイント

成分
タンパク質分解酵素バイナップル、キウイ、いちじく、パパイヤ、メロン、マンゴー
レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類
まや

タンパク質分解酵素は、お肉を柔らかくしてくれる効果があるよ!

フルーツゼリーを作りたいときは?

  • フルーツを加熱して、酵素や酸の働きを弱める
  • 缶詰を使う

生のフルーツいれちゃったよ〜!!

まや

大丈夫!やり直しがきくよ!

間違って入れちゃったときは…

  • そのまま沸騰しない程度に加熱する
  • ゼラチンを追加する

※ゼラチンを入れすぎると、特有の匂いが強くなります。様子を見ながら追加していきましょう!

まとめ

  • 数時間冷やしてみよう
  • ゼラチンの分量が合っているか確認しよう
  • 板、粉ゼラチンはしっかりふやかそう
  • ゼラチンを入れた状態で沸騰させないようにしよう
  • 生のフルーツ(パイナップル、キウイなど)は加熱したものを使おう

ゼラチンはコラーゲンとほぼ同じ。美容や健康に役立ちますので、ぜひおうちで積極的に使ってみてくださいね♫

あわせて読みたい
料理をもっと美味しくできる!ゼラチンの意外な効果&活用方法

男子3人を育てる主婦、まやです。 みなさんのキッチンに、使いかけのゼラチンはありますか? 賞味期限が切れる前に、いつもの料理に活用してみてください! ゼリーを作るだけじゃもったいない。ゼラチンは意外と ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

まやちゃん

おうち時間をもっと楽しくしたい!おうちカフェレシピ、時短、節約、育児のアイディアを発信します。32歳主婦。家族は、同い年の夫、やんちゃざかりの9歳、7歳、2歳の男の子。簡単で美味しい、そして健康な料理を作るのが好き。省エネ育児を心がけています。

-料理のライフハック