料理のライフハック

捨てないで!赤紫蘇の出がらし(絞りカス)活用レシピ

初夏の旬のジュースといえば、「赤紫蘇シロップ」で作る赤紫蘇ジュース
栄養たっぷりで夏バテの防止に役立ちます♪
シロップを作っておけば、ジュースやグミ、ゼリーなど、アレンジができて飽きずに楽しめます!

が、必ず残ってしまうのが赤紫蘇の出がらし(絞りカス)。

アレンジの仕方が分からず、いつも処分しています…

なんともったいない!赤紫蘇の出がらし(絞りカス)は捨てずに残してくださいね!
とっても美味しい料理に大変身します!

この記事で分かること

  • 赤紫蘇シロップを作ったあとの出がらしの活用法(ゆかりふりかけ、佃煮)

離乳食にも使える!無添加ゆかりふりかけ

自分でゆかりふりかけを作るメリットは、塩分や酸味を自分で調節できること。

塩分を控えめにすると、離乳食にも大活躍です♪添加物が入っていないので、安心して使えます。

材料

  • 出がらし 100g
  • 塩 (もみこみ用) 小さじ1〜
  • クエン酸 (食用) 小さじ1〜(酢やレモン汁でも代用可能)
  • 塩(味調整用) お好みで

クエン酸は必ず【食用】を用意してくださいね!

塩を揉みこみ、出た水分をしっかり絞る

塩をもみこんで10分ほど置くと水分が出てきますので、しっかり絞ります。

クエン酸を加える

クエン酸を加えると、色鮮やかになります。(お酢やレモン汁でも代用可能です)

ビニール袋に入れて一晩置く

この工程は省略しても大丈夫です。一晩置くことで、全体にしっかりなじませることができます。

天日干しで乾燥させる(電子レンジでもOK)

天気の良い日が続くなら、天日干しがベスト。もし無理なら、電子レンジで乾燥させてもOKです!

電子レンジの場合は、できるだけまんべんなく広げて、様子を見ながら少しずつ温めましょう。
加熱しすぎると焦げる場合があります!

パリパリになったらすり鉢やミキサー(グラインダー)で細かくする

ミキサーやグラインダーがあれば、粉砕しやすくて便利です。

コーヒーグラインダーは少量からでも粉末状にできます。

私はこのタイプのグラインダーを使っています。少量でも粉砕しやすいのでお気に入り♪

なければ、すり鉢で細かくします。

塩気が足りなければ足す

味見をして、塩気が足りなければ足してください。

私はいつも、岩塩をちょい足しします♪食塩よりも旨味が感じられます。

赤紫蘇で佃煮

お弁当やおにぎりの具にぴったりですよ♪
調味料はお好みで増減してください。

<材料>

  • 出がらし 100g
  • 醤油 20ml〜30ml
  • みりん 20ml〜30ml
  • お酒 20ml〜30ml
  • ごま お好みで

適当にザクザク刻む

醤油・みりん・酒を入れて、水気がなくなるまで煮詰める

ごまを入れて完成♪

ごまを入れると、香ばしさをプラスできます。

紫蘇が苦手な夫も「美味しい」といって食べてくれます!

まとめ

体に良いアントシアニンやαリノレン酸を含む赤紫蘇を、無駄なく使ってみてください♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

まやちゃん

おうち時間をもっと楽しくしたい!おうちカフェレシピ、時短、節約、育児のアイディアを発信します。32歳主婦。家族は、同い年の夫、やんちゃざかりの9歳、7歳、2歳の男の子。簡単で美味しい、そして健康な料理を作るのが好き。省エネ育児を心がけています。

-料理のライフハック
-